提供: defeatedcrow mod wiki
移動先: 案内検索

1.12.2 HaCプレイ動画

動画リンク:

作者がHeatAndClimateで遊ぶ動画です。
自分で遊ぶために作ったmodですので、ようやく目的を達成できるかな?という感じの動画シリーズです。


MinecraftForge

  • 14.23.5.2854

メインMod

  • HeatAndClimateLib v3.4.3
  • HeatAndClimateMod v3.4.2

現在の主力Mod。
"気候"の概念を追加し、ブロックやエンティティに自然変化や風化の要素を持たせ、バニラ要素含めブロックやアイテムの付加価値をふやそう!という壮大な目標から始まったMod。

作者がプレイ時に欲しいものが際限なく突っ込まれ、その結果アイテム総数1300オーバーの巨大modと化しました。

AMT2他の過去作では技術的に出来なかったことを克服したい!という目標と、Moddingチュートリアル編集に時間を割けなくなったぶん他Modder向けの作例をなるべく多く残そうという思想から、実験的要素や作例目的の実装もちょいちょい含まれています。

設定について

HaCの設定は少し弄ってあります。

  • 気候ダメージ Bitter
  • トルクマシンハードモード ON (せっかく追加したばかりの新機能なので…
  • ネザーハードモード ON (気温のINFERNO化)
  • 作者専用デバッグモード ON: テストプレイを兼ねているため。変化点は以下の通り。
    • コンソールログへの内部ログの出力多数
    • HUD上の気候データにバイオームの内部温度を表示
    • 銃アイテムのダメージ量が3倍になる(作者専用クソチート機能)

主にコンソールログが常に大量に流れるようになる効果があります。

作者製の小物

  • CustomSpawn v2.1.2
    指定Y高度や指定バイオームでの敵性スポーンをストップする機能、村の内部・周囲の敵性スポーンをストップする機能など、敵性モブの出現をコントロールするmod。チキン過ぎて夜間に活動できない作者のアシスト用modです。
  • HarvestWithDispenser v1.0.5
    ディスペンサーにハサミを入れると自動収穫できるようになるmod。元々HaCのいち要素であったものが、単品需要を受けて小物mod化したものです。

表示機能拡張系

  • AppleCore v3.2.0AppleSkin v1.0.9
    手持ちの食料アイテムの回復量を表示する機能を追加。
  • Hwyla v1.8.26-B41
    カーソルを向けた先のBlockの情報表示機能を追加。
    HaCも連携し、トルクマシンの情報や作物の成長段階が出てくる。
  • LunatrisCore v4.15.0.268
    説明不要のレシピ閲覧mod。必須。
  • JourneyMap v5.5.4
    機能豊富なミニマップ表示mod。

ユーティリティ系

  • CraftingEX v1.2.0
    クラフトレシピ重複回避mod。
  • QuickLeavesDecay v1.2.4
    葉ブロックが早く壊れるようになる。DynamicTreesが有効でない樹木用。

要素追加系

  • BiomeOPlenty v7.0.1.2441
    バイオームの種類を大幅に拡張し、景観用の自然ブロックも多数追加するMod。
    HaCを導入していると、気候の種類もバイオームとともに増加する。
  • DynamicTrees & BoPcompat v0.9.21
    樹木のモデルや挙動がリアルになるmod。
  • UndergroundBiomesConstructs v1.3.8
    バイオームの系統ごとに、バニラ石の代わりに多種多様な石材が生成するようになるmod。
  • JustAFewFish v1.7
    水中を泳ぐお魚Entityが追加され、釣りや飼育要素もあるmod。

OptiFine & 影mod

  • OptiFine vU_F5
    老舗の描画改善 & 影前提mod。
  • SEUS-Renewred v1.0.1
    定番の影mod。いろいろ試して最終的にSEUSに帰ってくる。