提供: defeatedcrow mod wiki
移動先: 案内検索
Overview JP/EN HaCLib JP/EN HaCMod JP/EN Config JP Integration JP/EN

Heat And Climate Lib/Mod

hactop_L.png

概要

かつてAMTにあったような、周囲の影響を受けて自然変化するギミックや装置の稼働条件を、気候として、『Climate値』という数値を使って体系化したものです。
このMODでは、機械の稼働、ブロックの自然変化、エネルギーの生成や消費、すべてにこのClimate値が大きく関わります。

『Climate値とは?』
このMODを入れると、全てのバイオームと、いくつかのブロックに、気候(Climate)のパラメータが登録されます。

  • バイオームやブロックのもつ温度
  • バイオームやブロックによって、湿度が変化する
  • 座標によって、通気性がかわる


気候によって、熱い環境に置かれると自然に焼けてしまうブロックや食べ物エンティティ育ちやすい環境では生育が早くなる作物、また、熱すぎる場所や寒すぎる場所でプレイヤーがダメージを受けてしまうなど、色々な新しい要素が追加されます。
溶岩や炎ブロックが見た目通りに熱いパラメータを持っていて、砂漠やネザーのバイオームの気温は高い、それらを色々なことに利用できるようになる、そんなMODです。


NPCとの戦闘要素を好まず、地形や自然のような環境要素と戦うのが好きな作者の好みに合うように作られています。
多くの工業MODや、Rimworld(別のPCゲーム)の影響を受けたMODです。
また、気候や土地に眠っているエネルギー(マナ)を取り出して利用するという、MtGっぽい要素も持っています。

4つの追加要素

このMODの追加要素は大きく分けて4つの系統に分かれています。

  • メイン要素
    気候をコントロールするための手段や、各要素のベースとなる冶金技術です。
  • 調理・栽培
    現在の周囲の気候を利用して、植物を育てたり調理を行います。食べ物をEntityとしてワールドに置くことが出来ます。
  • 宝石魔法
    宝石に蓄えられたエネルギーを利用して、様々な道具を作ります。
  • トルクマシン
    気候からエネルギーを取り出し、マシンを動かす動力に変換する要素です。

概要紹介動画

  • ニコニコ
  • Youtube

このMODは今までの私のMODと異なり、

  • HeatAndClimateLib(前提MOD)
  • HeatAndClimateMod(本体)

と、コア部分が前提として分かれています。
今後defeatedcrowが作成するのMODは、基本的にHaCLibを要求するようになる予定です。


ライセンス

導入条件

MC1.10.2

  • Minecraft 1.10.2 作者により1.10.2-Forge2185にてテストプレイを行っています。※1.1.0より1.10.2のみ対応になりました!ご注意下さい。
  • MinecraftForge 1.10.2-12.18.2.2185+
  • Java8

MC1.12

  • Minecraft 1.12.2
  • MinecraftForge 1.12.2-14.23.5.2768+
  • Java8

Java7以前では起動しませんのでご注意を。

Download

MC1.12.2

前提MOD(Lib) HeatAndClimateLib-1.12.2_2.7.2 ダウンロード(Github)
本体MOD HeatAndClimateMod-1.12.2_2.7.3 ダウンロード(Github)
dev版(Mod開発者用) 末尾が「_dev」のファイル (上記リンク先にあります) -

MC1.10.2

前提MOD(Lib) HeatAndClimateLib-1.10.2_2.3.4 ダウンロード(Github)
本体MOD HeatAndClimateMod-1.10.2_2.3.11 ダウンロード(Github)
dev版(Mod開発者用) 末尾が「_dev」のファイル (上記リンク先にあります) -

※dev版は開発環境用のクラスファイル・ソースファイルが同梱されています。  開発環境でのみ動くパッケージですので、プレイ環境に導入する方は通常版をDLして下さい。

  • 過去ファイルはDropBoxにあります

解説

解説は1.10.2版に移行しています。1.9.4以前については各Ver同梱のReadMeをご確認ください。